はっかのなんとなく
サッカーを中心にはっかの気になることを報告するトコだったけど。予定を変更して『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を中心とした日記。を変更して、何でもアリ。
プロフィール

はっか

  • Author:はっか
  • やっぱサッカーはアジア。
    バーチャは日守剛。。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大日本帝国の風化
コレと言った理由はないけれども、『ひめゆりの塔』と言う映画を観た。1995年製作の新しいやつだ。
ひめゆり部隊の話は知っていたし、沖縄での出来事はほとんど知っていたにもかかわらず、ちょっぴり感動してしまった。戦争は悲惨だなぁと改めて感じたし、特に太平洋戦争の後半戦はありえないなと思ってしまった。
まぁ、戦争反対・賛成論はどーでもいいとして、ちょっと驚いたことがあったので、それを少し書こうかな。

映画を観終わった後、何気なく『ひめゆりの塔』とググってみた。その中でチョット面白いサイトを見つけてしまったのだ。
どーやら、どこかの中学校で『ひめゆりの塔』の上映会があったみたいで、映画を観た生徒たちの感想をまとめたサイトだった。
ほっとんどが、「戦争はよくない、ひどい」とか「戦争反対」と言う内容だった。当然と言えば当然。映画の内容からして激しい銃撃戦があったわけじゃないからね。ここまでは主題を汲み取ってくれたと言うことで学校側としても大成功でしょう。
ただ、戦争反対と言う意見の中に、「何で意味のない戦争なんか始めたんだ」とか「人を殺して勝敗を決める戦争なんて無駄だ」なんて意見があったのが気になった。

ん?

中学生の社会では戦争までの経緯は習わないんだっけ?まぁ、その子が忘れちゃっただけか、まだ習ってないからかも知れないので、まぁいいや。
その次の「人を殺して勝敗を決める」ってのは間違ってるだろ。ニュアンス的に人を多く殺したほうが勝ちってのが戦争。的な意見だったし。でも、わかる気がするんだよね。ワシも幼心にそー感じた時あったもの。ってことは、教え方が悪いんだね。きっと。

まず、太平洋戦争までの経緯は話せば長いし複雑なんだけど、日本が世界の列強とわたり合ってきた結果だから仕方ない部分が多い。と言うのがワシの意見。途中、日本が間違った判断をした事もあったと思うんだけど、それでも精一杯踏ん張ってきた結果だからね。
戦争の勝敗は、どちらかが降伏すれば勝敗がつく。極論から言って、戦死者0の戦争だって在り得る話なのだ。だもんで、多くの戦死者が出てしまったのは結果論って事だよね。日本の社会科は、その結果だけを伝えようとしているにすぎないんじゃないかな。だから、戦争はよくないんだよ。だから、今の日本は武力を放棄しているんだよ。と。太平洋戦争に負けて、アメリカから突きつけられた条件を、あたかも自らが決めた国の姿のように伝える教育。これでは、そのうち明治から強国相手に頑張ってきた大日本帝国の歴史が風化してしまうよ。

次は、この映画の中の台詞でよく出てきた『鬼畜米英』について考え直したいな。
スポンサーサイト
考えさせられた一日
先日、映画『硫黄島からの手紙』を観て来た。
前回の『父親たちの星条旗』を併せて観ると、硫黄島での戦闘が如何に激しく残酷であったかがよくわかる。
以前から、硫黄島での戦いは酷いって事は知っていた。知っていたのに、辛くなってしまう場面も多かった。
基本的に戦争映画が大好きなワシは、今回も激しい戦闘シーンを期待して観に行ったのだけども、戦争映画を観て初めて反戦感情がわいてきた。『父親たちの星条旗』の時はそんな風に思わなかったんだけどな・・・

じゃぁ今までは?って話になるけども、実のところワシは戦争反対の人間ではなかった。かと言って、じゃぁ明日から戦争始めるよぉと言われたら当然反対する。一体何なんだ!
現代の日本があるのは、あの激しい太平洋戦争があって、さらに、その戦争に負けたからだと思っている。だから、ワシは当時の軍人さんにとても感謝しているのだ。
もし、この太平洋戦争がホントに間違っていた事ならば、なぜ戦争を始めたんだ?って思うよね。まぁ、政治の関係だから国民には止められないから仕方ないって意見もありそうだけれども、実際に敵領土で戦果を挙げたときは国中がお祭り騒ぎなっていたのも事実なんだよね。
当然反戦を掲げていた人はいただろうけども、総体的に見てイケイケの大日本帝国だったわけじゃない。いいじゃないの。国民が一致団結して頑張った事なんだから。今では国中が盛り上がるのってワールドカップくらい?(ドイツ大会は怪しかったけど)あッ!最近ではWBCがあったな。最後の最後まで諦めない気持ちが大切で・・・・ヤベッ!話が逸れそうだ。
だもんで、アノ戦争は間違っていた的な意見はあんま好きじゃないって事が言いたいだけ。

太平洋戦争で負けたから、今の日本があるってのは当たり前の話なんだけど、もし、日本が勝っていたら?って話には色々な意見があって楽しい。
ほんの一例なんだけど、

①軍事大国になっていた。
②リッチな北朝鮮みたいな国になっていた。
③アメリカに勝った後、ドイツに潰されていた。
④アメリカ大陸に白人、黒人、黄色人種が入り混じる。
⑤円とマルクが今のユーロやドルみたいな感覚になっていた。
⑥領土が急に広くなって、逆に困った。
⑦アジアが世界の中心になっていた。
⑧共通語が日本語。
⑨アフリカの領土問題などで第三次世界大戦勃発。
⑩韓国みたいに徴兵制がある。

と、ネタみたいなのもあるけど、今みたいな平和な世の中にはなっていないんじゃないかって意見が多いよね。ワシの意見としては、
外人=アメリカ人、外国語=英語、海外旅行=アメリカ旅行、成田空港の隣はアメリカ。みたいな勘違いが少なくともなかったかなぁと。まぁ余談です。

じゃぁ、あの時日米開戦に踏み切らなかったらどーなったか?

①アメリカの51番目の州になっていた。
②イラクのようになっていた。
③人口が2億人になっていた。
④アメリカは開戦を望んでいたので戦争は回避できなかった。

うーん。。あんま例が浮かばないな。
とにかく、そんなに明るい世の中ではなかった・・・気がする。
やっぱり、戦ってよかった。そして敗れてよかった。って結論になっちゃうんだよねえ。

って、そんなワシの気持ちを動かしてくれたのが『硫黄島からの手紙』でした。
人間が人間として扱われていないような気がしてしまってね。理由はどーあれ、戦争はイカン。戦争はイカンよ。
アノ戦争で多くの人が戦死してしまったけど、アメリカに殺されたわけじゃない。国に殺されたんだ。そして国に見離されて極限状態になった戦地は硫黄島だけじゃない。
もっともっとこの事実を下の世代に教えていかなきゃいけないよね。社会科の授業も見直すべきかなと思う。

でも、ワシの戦艦ブームは続くのでした。ありがとう大和!ありがとう連合艦隊!!ありがとう大日本帝国!!!
どっちやねん・・
ネット復活
プロバイダの変更によりしばらくネットが使えなかった。
まぁ一週間弱くらいだから平気かなと思ってたら、ネットのない生活は淋しい限りだった。こんなにネットに依存してたんだぁと改めて驚き。明日からの三連休前につながってホントよかった。

さて、三連休の予定だが、観たい映画(ビデオ)が二つほどあるんだな。
『ダ・ヴィンチ・コード』と『ポセイドン』
早速レンタルビデオ屋さんに行って来ました。ま、両方とも全部貸し出し中だったけどね。

・・・・・

三連休前に早くも三連休の予定が狂った。

さてどーしよう。

とりあえず明日もう一度挑戦してみるけど、きっと無理だろう。だったら、貸し出し中のない映画館に行ってみよう。『父親たちの星条旗』がやっているはずだ。

思い返せば、映画館なんて何年行ってないんだろう。
数年前の正月に映画『K-19』を観に行って以来かな。
『K-19』に『ポセイドン』潜水艦に豪華客船。チョット前に観たのが『男たちの大和/YAMATO』
ワシは船が好きなんだな。だいぶ好きなんだな。きっと。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。